羽田第2旅客ターミナル、北側サテライトと本館接続工事 9月からスタート

羽田第2旅客ターミナル、北側サテライトと本館接続工事 9月からスタート

ニュース画像 1枚目:羽田空港の拡張エリア、左が第2旅客ターミナル本館、右側には北側サテライト
羽田空港の拡張エリア、左が第2旅客ターミナル本館、右側には北側サテライト

羽田空港の第2旅客ターミナル北側サテライトと本館を接続する工事が、2022年9月から始まります。着工は2023年3月ごろ、竣工は2025年1月末の予定です。北側サテライトへの移動は現在、バスを利用していますが、施設完成で建物内を徒歩で移動できるようになります。さらに、第2旅客ターミナルが拡張されることから、全日空(ANA)は国際線を集約し、羽田発着便の国内・国際線の乗り継ぎ利便性を高めることができます。

この工事は、大成建設が受注しました。51番スポット付近の第2旅客ターミナル本館とサテライトを接続する増築、北側サテライトの改修と北側への増築などを実施します。

メニューを開く