スカイマーク、定時運航率5年連続1位 航空券プレゼントキャンペーンもスタート

スカイマーク、定時運航率5年連続1位 航空券プレゼントキャンペーンもスタート

ニュース画像 1枚目:VFRさん 2021年9月5日撮影 JA73NQ ボーイング737-81D スカイマーク
VFRさん 2021年9月5日撮影 JA73NQ ボーイング737-81D スカイマーク

スカイマークは、国土交通省が発表した2021年度の定時運航率で、5年連続1位を達成しました。これを記念し、スカイマーク公式Twitterで往復航空券プレゼントキャンペーンがスタートしました。

定時運航率は、出発予定時刻以降15分以内に出発した便数をカウントしており、航空会社が時間通りに運航していることを示す指標です。2021年度の1位スカイマークは98.44%、2位のスターフライヤーは98.15%、3位のソラシドエアは97.66%でした。

スカイマークはこの5年間、2017年度93.06%、2018年度93.91%、2019年度95.02%、2020年度99.14%、2021年度98.44%で定時運航率が推移しています。2020年度に大幅に定時運航率が改善され、2021年もそのレベルを維持しています。

スカイマークの航空券プレゼントは、8月5日(金)~8月12日(金)までの期間限定です。スカイマーク公式Twitterで対象の投稿をリツイートすると、参加できます。抽選で計5名に往復航空券が贈られます。

■国土交通省発表 定時運航率と遅延便の理由、欠航便の割合
航空会社2021(令和3)年度遅延理由欠航計 (%)
定時運航率天候・欠航 (%)機材故障・欠航 (%)機材繰り・欠航 (%)
JAL94.490.350.353.381.86
ANA94.260.360.482.581.70
日本トランスオーシャン航空97.360.110.201.441.51
スカイマーク98.440.080.230.901.04
エア・ドゥ93.870.410.352.951.50
ソラシドエア97.660.150.141.540.66
スターフライヤー98.150.400.550.590.50
Peach86.802.170.865.611.38
ジェットスター・ジャパン93.160.230.542.990.96
春秋航空日本87.991.830.486.051.23
メニューを開く