国際観艦式にあわせ海上自衛隊「フリートウィーク」、10/29から各地で艦艇公開

国際観艦式にあわせ海上自衛隊「フリートウィーク」、10/29から各地で艦艇公開

ニュース画像 1枚目:2019年、横浜での「フリートウィーク」
2019年、横浜での「フリートウィーク」

無観客で開催される海上自衛隊「2022年 国際観艦式」にあわせ、2022年10月29日(土)〜11月13日(日)まで、「フリートウィーク」として、各種イベントが開催されます。このうち、ヘリコプターを搭載する護衛艦など、艦艇一般公開を計5箇所で実施します。

艦艇公開は、10月29日(土)、30日(日)に横須賀と木更津を皮切りに、船橋、横浜、東京・国際クルーズターミナルで実施されます。

■フリートウィークの艦艇公開
<10月29日(土)、30日(日)>
会場:横須賀、木更津
<11月3日(木)、5日(土)>
会場:船橋
<11月3日(木)~5日(土)>
会場:横浜
<11月12日(土)・13日(日)>
会場:東京・国際クルーズターミナル

「2022年 国際観艦式」は11月6日(日)に実施され、これにあわせて停泊中の艦艇は、日中に満艦飾、夜間に電灯艦飾も実施される見通しです。この艦艇の一般公開に加え、音楽演奏、広報イベント、パレードなども予定されています。

なお、2019年の「フリートウィーク」では、横浜と横須賀での艦艇一般公開では、ヘリコプター搭載護衛艦「いずも(DDH-183)」、「むらさめ(DD-101)」などを見学できました。

期日: 2022/10/29 〜 2022/11/13
ニュースURL
メニューを開く