【最新 A380 運航状況一覧】2階建エアバス機、コロナから復活!

【最新 A380 運航状況一覧】2階建エアバス機、コロナから復活!

ニュース画像 1枚目:thomasYVRさん 2022年7月7日撮影 G-XLED エアバスA380-841 ブリティッシュ・エアウェイズ
thomasYVRさん 2022年7月7日撮影 G-XLED エアバスA380-841 ブリティッシュ・エアウェイズ

全日空(ANA)は2022年7月から、超大型のエアバスA380型機で定期便運航を再開し、同じ時期に大韓航空、アシアナ航空も再開しました。カタール航空でもA380の運航機数を増やしています。コロナ禍では、その大きさから多くの航空会社が運航を停止しましたが、各国の入国規制の緩和を受け、A380の活躍の場が徐々に戻ってきています。9月現在、保有する12社の全214機のうち、運航中の機体は120機と、その半数以上が本来の役割に戻っています。

ニュース画像 1枚目:Frankspotterさん 2019年6月1日撮影 D-AIMC エアバスA380-841 ルフトハンザドイツ航空
Frankspotterさん 2019年6月1日撮影 D-AIMC エアバスA380-841 ルフトハンザドイツ航空

今後も、続々とA380が定期便に復帰する見込みです。ルフトハンザは、次期大型機のボーイング777Xの開発遅れ、需要回復を理由に、2023年夏にA380の運航再開を決定しています。エティハド航空もA380の運航再開について、慎重な姿勢ではあるものの、777Xを発注しており、ルフトハンザと同様に再開の判断を下す可能性もありそうです。

超大型機A380にとって、厳しい向かい風だったコロナ禍がようやく終わりに近づいています。まだ、定期便に投入されていないANAのA380「フライング・ホヌ」1機のデビューも、もうすぐ訪れるかもしれません。

ニュース画像 2枚目:HADAさん 2022年2月5日撮影 JA383A エアバスA380-841 全日空
HADAさん 2022年2月5日撮影 JA383A エアバスA380-841 全日空
■A380を運航する航空会社まとめ 2022年9月現在
航空会社新造機受領数保有機数運航中メモ
エミレーツ航空12311976現役
シンガポール航空24169現役、12機まで削減予定
ブリティッシュ・エアウェイズ121211現役
カタール航空10108現役
カンタス航空12114現役
全日空332現役
中国南方航空533退役予定
大韓航空10104現役
アシアナ航空663現役
ルフトハンザドイツ航空148-再開予定
エティハド航空1010-再開検討
マレーシア航空66-保管 (巡礼などに使用)
エールフランス航空10退役-
タイ国際航空6退役予定-
ハイフライ-リース終了-
エアバス33-テスト機1機
博物館展示、2機
254214120
この記事に関連するニュース
メニューを開く