トキエア、初号機 ATR72「JA01QQ」新潟に到着 制服も発表

トキエア、初号機 ATR72「JA01QQ」新潟に到着 制服も発表

ニュース画像 1枚目:トキエアの客室乗務員(CA)のスタッフユニフォーム(制服)
トキエアの客室乗務員(CA)のスタッフユニフォーム(制服)

新潟空港を拠点に新規就航を目指すトキエアの初号機ATR72-600型機「JA01QQ(機体記号)」が2022年11月5日(土)、新潟空港に到着しました。

ATR社があるフランス・トゥールーズにて、2022年10月7日に初号機を受領。フェリーフライトは、「F-WNUG」の機体記号でトゥールーズを10月31日に出発し、ギリシャのクレタ島・イラクリオン、ドバイ、インドのナーグプル、タイのバンコク(ドンムアン)、フィリピンのマニラを経由して、新潟空港へ11月5日15時18分に到着しました。

ニュース画像 1枚目:11月5日、新潟空港到着時の様子(TAKAHIDEさん 2022年11月5日撮影 JA01QQ ATR 72-600(72-212A) トキエア)
11月5日、新潟空港到着時の様子(TAKAHIDEさん 2022年11月5日撮影 JA01QQ ATR 72-600(72-212A) トキエア)

また、パイロット、客室乗務員(CA)、整備士のスタッフユニフォーム(制服)が発表されました。乗務での快適性や機体整備での耐久性などを考慮し、オアシスライフスタイルグループが企画・販売するボーダレスウェアブランド「WWS/ダブリューダブリューエス」を採用。パイロットには中綿無しのMA-1とパンツ、男女ともにCAにはジャケットとパンツ、整備士は中綿入りのMA-1とパンツ、ポロシャツが導入されます。整備士用のMA-1は、2023年1月に一般向けに販売も予定されています。

ニュース画像 2枚目:制服(左:客室乗務員 右:パイロット)
制服(左:客室乗務員 右:パイロット)

今後、国土交通省への航空運送事業の申請を行い、2023年3月ごろの就航を目指します。

この記事に関連するニュース
ニュースURL
メニューを開く