ヤマトトランスポート 就航路線決定、スプリング・ジャパンがA321P2F運航へ

ヤマトトランスポート 就航路線決定、スプリング・ジャパンがA321P2F運航へ

ニュース画像 1枚目:YAMATO TRANSPORT 就航イメージ
YAMATO TRANSPORT 就航イメージ

日本航空(JAL)とヤマトホールディングスは、2024年4月から運航開始を予定している貨物専用機の就航路線と便数を発表しました。東京(成田/羽田)/新千歳・北九州・那覇間と那覇/北九州間に、貨物機3機で1日21便を運航する計画です。使用機材は、エアバスA321ceo型の旅客機を貨物機に改修したA321P2F型機 3機です。

運航する航空会社は、当初、ジェットスター・ジャパンが担当するとしていましたが、JALの連結子会社であるスプリング・ジャパンへ変更されます。

A321型旅客機 3機を2023年2月までに受領し、EFW(ELBE FLUGZEUGWERKE GMBH)社の貨物機改修プログラムにより、シンガポールで貨物機へ改修を行います。EFW社は、エアバスとシンガポールのSTアエロスペースによるジョイントベンチャーで、A321旅客機から貨物機への改修プログラムの型式証明(STC)を取得しています。

ニュース画像 1枚目:A321P2Fのメインデッキ
A321P2Fのメインデッキ

A321P2F型貨物機は、メインデッキと下部デッキがコンテナ化されており、メインデッキにAAY型コンテナ14台、下部デッキにAKHコンテナ10台を搭載することが可能です。最大搭載重量は、28t(トン)です。

この記事に関連するニュース
メニューを開く