新しいの!?ドルニエ228NG型機を追加導入、新中央航空

新しいの!?ドルニエ228NG型機を追加導入、新中央航空

ニュース画像 1枚目:voyagerさん 2023年3月10日撮影 調布飛行場 (JA30CA ドルニエ 228-212 NG 新中央航空)
© FlyTeam voyagerさん
voyagerさん 2023年3月10日撮影 調布飛行場 (JA30CA ドルニエ 228-212 NG 新中央航空)

新中央航空は、東京都・調布飛行場と東京島嶼間を結ぶ路線向けに、2023年3月にドルニエ228NG型機「機体記号:JA30CA」を1機追加導入しました。これにより、ドイツ・RUAGアエロスペース社が製造したプロペラ5枚かつ電子コックピット化としたドルニエ228NGを4機、ドルニエ社が製造したプロペラ4枚の在来型ドルニエ228を1機の計5機を運航中です。

ニュース画像 1枚目:チャーリーマイクさん 2023年2月18日撮影  調布飛行場 (JA34CA ドルニエ 228-212 NG 新中央航空)
© FlyTeam チャーリーマイクさん
チャーリーマイクさん 2023年2月18日撮影 調布飛行場 (JA34CA ドルニエ 228-212 NG 新中央航空)

この「JA30CA」は、新造機かと思いきや、じつは新中央航空が保有する同型機の中で一番古い機体です。さらに、ドルニエ228「NG」型機としていますが、元々は在来型でした。1992年ごろに製造され、長らくオランダ沿岸警備隊で「PH-MNZ」として2007年ごろまで使用されました。その後、ドルニエ社の経営破綻後に「NG」機の生産を行っているRUAGアエロスペース社へ「D-CNEU」として移籍し、2022年12月まで試験機として活躍。この間に在来型から「NG」型へ改修されました。2022年12月12日に茨城県の竜ヶ崎飛行場へ到着、その後調布飛行場を拠点に運航されています。

ニュース画像 3枚目:これもさん 2023年1月9日撮影 調布飛行場 (JA37CA ドルニエ 228-212 NG 新中央航空)
© FlyTeam これもさん
これもさん 2023年1月9日撮影 調布飛行場 (JA37CA ドルニエ 228-212 NG 新中央航空)
この記事に関連するニュース
メニューを開く