DHL&シンガポール航空、セントレア発着北米線 貨物専用機の運航開始!777F

DHL&シンガポール航空、セントレア発着北米線 貨物専用機の運航開始!777F

ニュース画像 1枚目:中部国際空港 2023年10月11日撮影 9V-DHD ボーイング777-F シンガポール航空
© FlyTeam yabyanさん
中部国際空港 2023年10月11日撮影 9V-DHD ボーイング777-F シンガポール航空

DHLエクスプレスは2023年10月11日から、中部国際空港経由のシンガポール発アメリカ向け貨物専用新路線の運航を開始しました。シンガポール/名古屋(中部)/ロサンゼルス/ホノルル/シンガポール線を週5便、シンガポール/台北(桃園)/名古屋(中部)/シンシナティ/ホノルル/シドニー/シンガポール線で週1便の、計週6便の運航を予定しています。

運航はシンガポール航空が担い、DHLとシンガポール航空の両社ロゴが塗装されたボーイング777F型機を使用します。両社は2022年3月、シンガポールのチャンギ空港を拠点とした777F5機の乗務員整備契約を締結。これにより、シンガポール航空が運航と整備を担い、5機のうち4機がすでに運航を開始しています。

ニュース画像 1枚目:初便就航を祝う関係者ら
© DHLジャパン
初便就航を祝う関係者ら

11日の初便は4号機の「機体記号:9V-DHD」で、このフライトがデリバリー後の初運航となりました。12日の運航は、2023 F1日本グランプリの貨物チャーター便で9月18日にも飛来した2号機「9V-DHB」が使用されました。

【関連記事:【注目された飛来機情報】成田にイーブイ!F1で沸いたセントレアや下地にジャンボなど

期日: 2023/10/11から
ニュースURL
メニューを開く