イリューシンIL-96-400M、26分間の初飛行に成功

イリューシンIL-96-400M、26分間の初飛行に成功

ニュース画像 1枚目:イリューシンIL-96-400Mプロトタイプ(初飛行の様子3)
© The United Aircraft Corporation
イリューシンIL-96-400Mプロトタイプ(初飛行の様子3)

ロシア国有の統一航空機製造会社(UAC:United Aircraft Corporation)は2023年11月1日、イリューシンIL-96-400Mプロトタイプの初飛行に成功したと発表しました。機体は新しいUACのコーポレートカラーで塗装され、最大高度2,000m、最高時速390kmで26分間の飛行を行いました。

ニュース画像 1枚目:イリューシンIL-96-400Mプロトタイプ(初飛行の様子1)
© The United Aircraft Corporation
イリューシンIL-96-400Mプロトタイプ(初飛行の様子1)
ニュース画像 2枚目:イリューシンIL-96-400Mプロトタイプ(初飛行の様子2)
© The United Aircraft Corporation
イリューシンIL-96-400Mプロトタイプ(初飛行の様子2)
ニュース画像 3枚目:イリューシンIL-96-400Mプロトタイプ(初飛行の様子3)
© The United Aircraft Corporation
イリューシンIL-96-400Mプロトタイプ(初飛行の様子3)
ニュース画像 4枚目:イリューシンIL-96-400Mプロトタイプ(初飛行の様子4)
© The United Aircraft Corporation
イリューシンIL-96-400Mプロトタイプ(初飛行の様子4)
ニュース画像 5枚目:イリューシンIL-96-400Mプロトタイプ(初飛行の様子5)
© The United Aircraft Corporation
イリューシンIL-96-400Mプロトタイプ(初飛行の様子5)

IL-96-400MはIL-96-300を改造し、胴体を9.35メートル延長したワイドボディ機です。主要部品はロシア製で構成され、エンジンはロシア国産のソロヴィヨーフPS-90A1を4機搭載しています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く