「JALxヤマト」初号機、成田空港に到着!11月20日から飛行訓練で関空&北九州へ

「JALxヤマト」初号機、成田空港に到着!11月20日から飛行訓練で関空&北九州へ

ニュース画像 1枚目:成田空港に着陸する「JALxヤマト」初号機
© ヤマト運輸
成田空港に着陸する「JALxヤマト」初号機

2024年4月から運航開始を予定するヤマトグループの貨物専用機 エアバスA321P2F型機「機体記号:F-WTAX(JA81YA)」が、2023年11月6日に成田空港に到着しました。「F-WTAX(JA81YA)」は、5日夜にシンガポール・セレター空港を出発し、台北・桃園空港を経由後、6日8時ごろに成田空港A滑走路へ着陸。発表されていた機体デザイン通り、“クロネコヤマト”でお馴染みの、ヤマト運輸のキャラクターが描かれています。

同機はエアバスA321-200型機「A7-AIA」として、2021年12月までカタール航空で旅客機として運航。その後、シンガポール・セレター空港内にあるSTエンジニアリングの施設で、貨物機への改修作業を行なっていました。改修を手がけたのは、エアバスとSTエンジニアリングが出資する、ドイツ拠点のエルベ・フルクツォイヴェルケ(EFW)社で、2号機「JA82YA」および3号機「JA83YA」も同施設で改修が進められています。

A321P2Fの最大搭載重量は28トンで、メインデッキにコンテナ14台、床下貨物室に10台のコンテナを搭載することが可能。10トントラックにして、約5~6台分を1機に収容することができることから、物流業界の「2024年問題」等の解決に寄与するとしています。

ニュース画像 1枚目:成田空港に到着した「JALxヤマト」初号機
© ヤマト運輸
成田空港に到着した「JALxヤマト」初号機

運航はボーイング737-800型機で成田発着の国内線と中国線を運航している、JALグループのスプリング・ジャパンが担当。11月20日(月)から、成田空港と関西国際空港、北九州空港間で飛行訓練を開始する予定です。その後、4月から東京(成田/羽田)/新千歳・北九州・那覇間と那覇/北九州間を、3機のA321P2Fで1日21便を運航する計画です。

■ スプリング・ジャパン 実機飛行訓練 スケジュール (予定)
成田空港 07:45 -> 北九州空港 09:50
北九州空港 10:25 -> 関西空港 11:25
関西空港 12:00 -> 成田空港 13:25
成田空港 14:30 -> 北九州空港 16:35
北九州空港 17:10 -> 関西空港 18:15
関西空港 18:50 -> 成田空港 20:15

ニュース画像 2枚目:成田空港内のJAL格納庫へトーイングされた「JALxヤマト」初号機
© ヤマト運輸
成田空港内のJAL格納庫へトーイングされた「JALxヤマト」初号機
この記事に関連するニュース
メニューを開く