パラオに新しい航空会社が誕生!「アリーパラオ航空」、シンガポール線に就航

パラオに新しい航空会社が誕生!「アリーパラオ航空」、シンガポール線に就航

ニュース画像 1枚目:シンガポール・チャンギ国際空港で行われた就航記念セレモニーの様子
© Alii Palau Airlines
シンガポール・チャンギ国際空港で行われた就航記念セレモニーの様子

南国パラオに新しい航空会社が誕生しました。2023年に設立された「アリーパラオ航空」は、11月23日からパラオ/シンガポール線の運航を週1便(毎週木曜日)で開始しました。12月21日(木)以降は、日曜日を追加した週2便での運航が計画されています。同社はまだ自社機を保有しておらず、運航はブータンのドゥルク航空が担います。

ニュース画像 1枚目:シンガポール・チャンギ国際空港 2022年12月31日撮影 A5-JKW  エアバスA320-251N ドゥルク航空
© FlyTeam Fuseyaさん
シンガポール・チャンギ国際空港 2022年12月31日撮影 A5-JKW エアバスA320-251N ドゥルク航空

初便は、ビジネスクラス20席、エコノミークラス120席、計140席仕様のエアバスA320neo型機「機体記号:A5-JKW」を使用。ブータン唯一の国際空港パロとシンガポールを結ぶ定期便が、延伸する形で運航します。パラオ/シンガポール間の飛行時間は、約5時間です。パラオ国際空港での到着歓迎式典には日本の関係者も出席するなど、将来的な日本就航が期待されます。

■ アリーパラオ航空 パラオ/シンガポール 時刻表
KB541P便 パラオ 07:40 / シンガポール 11:30 (木・日)
KB540P便 シンガポール 00:20 / パラオ 06:40 (木・日)
※日曜は12/21以降

ニュースURL
メニューを開く