SAS 9月からスカイチームへ、スターアライアンス発足メンバーの離脱は初

SAS 9月からスカイチームへ、スターアライアンス発足メンバーの離脱は初

ニュース画像 1枚目:成田国際空港 2020年3月15日撮影 OY-KBM エアバスA340-313X スカンジナビア航空
© FlyTeam マーサさん
成田国際空港 2020年3月15日撮影 OY-KBM エアバスA340-313X スカンジナビア航空

スカンジナビア航空(SAS)は、2024年8月31日(土)をもってスターアライアンスを脱退し、翌9月1日(日)からスカイチームに加盟します。

2022年に経営破綻し、アメリカ連邦破産法11条(チャプター11)を申請したSASは、エールフランス・KLMや投資会社などによる支援のもと、経営再建を進行中。エールフランス航空やKLMオランダ航空との提携を行うため、2社が所属するスカイチームへと移籍する運びとなりました。なお、SASのマイレージプログラム「ユーロボーナス」は、スカイチーム移籍後も継続されます。

スターアライアンスは、1997年にSAS、ルフトハンザドイツ航空、エア・カナダ、タイ国際航空の5社により発足した最古の航空連合。発足時から在籍する航空会社の離脱はこれが初めてです。

SASは現在、羽田/コペンハーゲン線を週3便(4月26日から週4便)運航中。かつて成田発着路線を運航していた際は、スターアライアンス仕様の特別塗装機の飛来実績も多数ありました。

ニュース画像 1枚目:羽田空港 2023年7月29日撮影 SE-RSE エアバスA350-941 スカンジナビア航空
© FlyTeam islandsさん
羽田空港 2023年7月29日撮影 SE-RSE エアバスA350-941 スカンジナビア航空
期日: 2024/09/01から
この記事に関連するニュース
メニューを開く