カンタス航空、シドニー~上海線を運休へ コロナ後再開も需要回復せず

カンタス航空、シドニー~上海線を運休へ コロナ後再開も需要回復せず

ニュース画像 1枚目:カンタス航空 A330-300 イメージ
© Qantas
カンタス航空 A330-300 イメージ

カンタス航空は2024年7月28日(日)より、シドニー~上海(浦東)線を運休します。この路線は新型コロナウイルスの影響を受け一時運休。2023年10月から運航を再開していましたが、想定より需要が回復していないことから、再び運休することが決定しました。

影響を受ける搭乗者は全額返金、または代替便への予約変更などの対応を実施。シドニー~上海(浦東)線は、中国東方航空が2024年8月以降も運航を継続します。

現在この路線で使用されている機材は、アジア各地のほかの路線への投入を予定。カンタス航空は、今後もオーストラリアおよび中国の市場を注視し、需要が回復したら上海路線の再開を検討するとしています。

期日: 2024/07/28から
メニューを開く