エバー航空、青森〜台北線が10月29日再開 青森の国際線はコロナ禍前に戻る

エバー航空、青森〜台北線が10月29日再開 青森の国際線はコロナ禍前に戻る

ニュース画像 1枚目:エバー航空 エアバスA321 B-16208
© FlyTeam Mochi7D2さん
エバー航空 エアバスA321 B-16208

エバー航空は、2024年10月29日(火)から、青森〜台北(桃園)線の運航を再開します。運航は火・木・土曜日の週3便で、使用機材はエアバスA321型機です。

エバー航空による青森〜台北線は、2019年7月に運航開始、新型コロナウイルスの影響で2020年2月から運休していました。2023年からはチャーター便が運航され、今回は約4年8か月ぶりの定期便再開となります。

青森空港の国際定期便としては、2024年1月に青森〜ソウル(仁川)線が再開しており、台北線の再開によりコロナ禍前の路線数に戻ります。

■エバー航空 青森〜台北(桃園) 時刻表
BR121便 青森 15:30 > 台北(桃園) 19:00(火・木・土) 《所要時間:4h30m》
BR122便 台北(桃園) 10:00 > 青森 14:30(火・木・土) 《所要時間:3h30m》

期日: 2024/10/29から
メニューを開く