成田空港のカーフュー、弾力的な運用を地元に提示

成田空港のカーフュー、弾力的な運用を地元に提示

成田空港の午後11時から午前6時までの深夜、早朝時間帯のカーフュー、離着陸制限の時間帯について、弾力的な運用案が提示されました。国土交通省が地元自治体へ説明、2013年2月までに合意をめざす方針を各紙が伝えています。

ジェットスター・ジャパンは就航初便でこの門限に間に合わないことから欠航するなどで話題になった運用時間。成田空港の成り立ちから厳格に運用されてきましたが、羽田空港との競争環境が生まれ、少しずつ変化が生まれて来ています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く