カタール航空、天然ガスによりロンドンへフライト | FlyTeam ニュース

カタール航空、天然ガスによりロンドンへフライト

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

カタール航空は2013年1月9日、新たなクリーンエネルギーによるフライトをドーハ発ロンドン・ヒースロー着のQR001便、A340-600で実施しました。

これは天然ガスを液体化して航空機用のジェット燃料にした「GTL Jet Fuel」を使用したもの。このGTLケロシンは硫黄成分を含まず、飛行中、離着陸時の空港周辺の環境の保護にも役立つとしています。なお、この燃料は従来のケロシンと50対50の比率で使用することができます。

この燃料はカタール・ペトロリアムとシェルによる共同生産で、カタールで生産した燃料をドーハ国際空港で使用しました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加