2012年7月北海道沖のF-16墜落事故、燃料バルブの故障が原因 | FlyTeam ニュース

2012年7月北海道沖のF-16墜落事故、燃料バルブの故障が原因

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカ空軍は、2012年7月22日三沢基地の北東約750マイルの太平洋上でF-16が墜落した事故の調査結果を、2013年2月19日に発表しました。

原因は主燃料閉鎖バルブが閉鎖してしまい、燃料が供給されずエンジンがフレームアウトしたとの結論に達しました。バルブは3分以上途中まで閉まり、その後3分は完全に閉鎖されました。バルブが閉じた原因は不明のようです。

この事故は三沢基地の第35戦闘航空団(35FW)第14戦闘飛行隊(14FS)のF-16C「92-3886」が、レッドフラッグ・アラスカへ参加するため、三沢基地からアラスカ州イールソン空軍基地へ向かう途中に墜落しましたものです。乗員は脱出し6時間後に無事救助され、その他の被害もありませんでした。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加