航空局、海外へ航空インフラを輸出する協議会を設立へ | FlyTeam ニュース

航空局、海外へ航空インフラを輸出する協議会を設立へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

国土交通省航空局は日本の航空インフラを国際的に展開するため、官民連携による「航空インフラ国際展開協議会」を設置します。これに合わせ、協議会に参加する民間企業の委員を公募しています。

航空インフラ国際展開協議会は、アジアでの航空需要の拡大が見込まれ、優れた技術や海外プロジェクト経験の豊富な日本企業に多くのビジネスチャンスが見込まれいることから設置するもの。特に、航空インフラは、空港、航空管制など多岐にわたり、計画段階、整備段階、運営・維持と幅広い分野の企業が参画できるチャンスがあることから、海外の航空インフラプロジェクトの案件発掘、案件形成での情報共有、意見交換を行い、協議会を通じて相手国政府などへ働きかける取組みなどを推進します。

参加者は海外航空インフラプロジェクトへ参加する意向のある企業の役員クラスを対象に4月2日まで募集。4月下旬から協議会を年1回程度、開催する予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加