スターフライヤー、初号機のJA01MCが10月3日にラストフライト | FlyTeam ニュース

スターフライヤー、初号機のJA01MCが10月3日にラストフライト

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

スターフライヤーは2013年10月3日、同社の初号機の機体記号(レジ)「JA01MC」が退役すると発表しました。2006年3月16日にSFJ72便として北九州発羽田着で運航を開始して以来、スターフライヤーで活躍してきた機材です。

この機材のラストフライトは、北九州発がSFJ82便の13時30分発、羽田発はSFJ83便の15時45分発で運航されます。また、SFJ83便の北九州到着後にはセレモニーを開催するとしています。 

なお、スターフライヤーはJA01MCの退役にあわせ、シャークレット装備機となる「JA21MC」を受領しています。

期日: 2013/10/03
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加