キャセイパシフィック航空、カーゴターミナルがフル稼働

キャセイパシフィック航空、カーゴターミナルがフル稼働

キャセイパシフィック・サービス(CPSL)はキャセイパシフィック航空、香港ドラゴン航空、エアー・ホンコン3社の貨物業務の移行を完了し、香港国際空港のキャセイパシフィック・カーゴ・ターミナルがフル稼働を開始したと発表しました。

新しいカーゴ・ターミナルは最先端の技術、高度な業務フローを備えており、これによりジャスト・イン・タイム運用など貨物顧客へのテーラーメイド型のサービスを提供。これにより、貨物産業全体のサービス向上に貢献するとキャセイでは発表しています。

航空貨物輸送拠点として設計されたキャセイパシフィック・カーゴ・ターミナルは、年間取り扱い貨物重量260万トンにおよぶ能力があり、香港国際空港の航空貨物の処理能力は、年間740万トンとこれまでから50%増と増強されました。

この記事に関連するニュース
メニューを開く