マレーシア航空、受託手荷物の超過料金を改定

マレーシア航空、受託手荷物の超過料金を改定

マレーシア航空は2013年11月15日から、無料受託手荷物の超過料金を変更しています。マレーシア航空はアメリカ路線を除き、個数制ではなく従量制を採用、ファーストクラスは全ての重量が50キロ、ビジネスクラスは40キロ、エコノミークラスは30キロまで無料としています。

超過料金は路線ごとに異なり、成田、関西発着クアラルンプール間、成田/コタキナバル間は11月14日まで60マレーシアリンギットでしたが、95マレーシアリンギットに変更となっています。

なお、その他路線の超過料金額、無料受託手荷物の規則など詳細はマレーシア航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2013/11/15から
メニューを開く