ユーロコプター、中国・大連市に2機目のEC155 B1を納入 | FlyTeam ニュース

ユーロコプター、中国・大連市に2機目のEC155 B1を納入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ユーロコプターは2013年12月13日、中国・大連市に2機目のEC155 B1を納入したと発表しました。大連市では警察がセキュリティーとレスキュー、消防、輸送任務にEC155 B1を使用します。

ユーロコプター 大連市 2機目のEC155 B1を納入

大連市向けのEC155 B1には電子光学FLIRカメラやサーチライト、ラウドスピーカー、リペリングロープ、ホイストなどを装備しています。現在、1号機が大連市にあり、2号機はフランスで訓練に使用されています。

EC155は5トンクラスの中型双発ヘリコプターで、パイロット2人と最大で乗客13人を搭載できるキャビンを備え、最大2トンの貨物搭載が可能です。中国では上海と香港の警察を含めて25機が運用されています。そのほか単発のEC120や小型双発のEC135、11トンクラスのEC225など、ユーロコプターの機体は中国の法執行機関が使用するタービン・ヘリコプターの45%を占めています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加