ベル・ヘリコプター、シンガポールショーに407GXと429を展示

ベル・ヘリコプター、シンガポールショーに407GXと429を展示

ベル・ヘリコプターは、2014年2月11日から2月16日まで開催される「シンガポール・エアショー2014」に、ベル407GXとベル429ヘリコプターを地上展示し、AH-1Z攻撃ヘリコプターのコクピット・デモンストレーターを展示すると発表しました。また、アメリカ海兵隊がベル・ボーイングMV-22Bオスプレイを地上展示・飛行展示する予定です。

ベル407は207ロングレンジャーを4枚ローター化したタービン単発の小型機で、あらゆる用途に使用できるほか、練習機としても最適です。ベル429は7人の乗客と1人のパイロットが乗れるタービン双発機で、最近スキッドを引き込み脚とした429WLGも開発されました。

ベル・ヘリコプターは、2012年にサービスセンターをシンガポールに開設するなど、同地での存在感を増しています。

メニューを開く