エア・ホンコン、成田/香港間でB747-400BCF型を就航

エア・ホンコン、成田/香港間でB747-400BCF型を就航

DHLジャパンは、東京/香港間で運航していた最大貨物積載量が45トンのA300-600GF型2機から、B747-400型コンバーティッド・ フレイター(BCF)3機へ切り替えたことを発表した。BCFは最大貨物積載量が100トンで、エア・ホンコンが運航する。初便は機体番号(レジ)「B-HOU」が運航、成田空港に2011年7月3日到着、7月4日に出発した。運航路線は成田/香港間、シンガポール/香港間、上海/香港間の3つの路線で週6日稼働する。

なお、A300-600GF型2機は2011年9月までに北京/香港間、マニラ/香港間に週5日で運航。また、この2路線で使用していた積載量24トンのB727-200F型は退役する。

メニューを開く