マレーシア航空、香港線で投入のA380を777-200に機材変更 | FlyTeam ニュース

マレーシア航空、香港線で投入のA380を777-200に機材変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

マレーシア航空は2014年2月17日から、クアラルンプール/香港線に投入していたA380を777-200ERに機材変更しています。MH73、MH72便でA380を投入していましたが、282席の777-200となり、冬スケジュール以降もこの路線でA380の運航は計画されていません。

マレーシア航空はこのA380をメンテナンスにまわす予定です。現在のところ、6機保有するA380のうち「9M-MNA」を整備する模様です。

なお、クアラルンプール/ロンドン線、クアラルンプール/パリ線は予定通りA380での運航を継続します。

期日: 2014/02/17から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加