エアバス、2016年第2四半期に単通路機を月産46機に引き上げ

エアバス、2016年第2四半期に単通路機を月産46機に引き上げ

エアバスは2014年2月26日、2016年第2四半期に単通路機の生産機数を月産46機に引き上げると発表しました。現在は月産42機ですが、2016年第1四半期に44機に引き上げ、さらに46機へ引き上げます。

エアバスは、A320ファミリーの受注状況が好調であること、サプライ・チェーンを含めた生産引き上げが対応可能と判断、今回の決定に至りました。特に、開発中のA320neoについては4,200機の受注を獲得しており、燃費効率の良い機材を顧客へ引き渡すスピードを高めます。

A320ファミリーは2010年末に月産36機、2011年8月に38機、2012年第1四半期に40機、2012年第4四半期に42機まで引き上げていました。

メニューを開く