チャイナエアライン、台湾原住民族の特別塗装機を就航 | FlyTeam ニュース

チャイナエアライン、台湾原住民族の特別塗装機を就航

チャイナエアラインは、台湾行政院原住民族委員会と協力、台湾の原住民族のくらしを機体に描いた特別塗装機を2014年3月11日、公開しました。機体記号(レジ)「B-18358」のA330-300です。

チャイナエアライン「B-18358」 A330-300

この機体はFlyTeamメンバーの投稿によると、成田、新千歳、名古屋(セントレア)、関西、福岡と日本5空港への飛来実績があります。チャイナエアラインでは日本、香港、東南アジアに加え、オーストラリア、ニュージーランド路線でこの機材を使用する予定です。

機体前方に描かれているイラストは、アーティストSakuliu Pvavaljung氏が以前に描いていながら世に発表していなかった「Wedding Celebration Series」の一幕です。機内においても、特別なインテリアが施されているそう。

この特別塗装機により、チャイナエアラインは台湾の少数民族の文化など、台湾の多彩な魅力を世界にアピールします。

メニューを開く