機長のカメラが挟まり急降下!? A330ベースのイギリス空軍ボイジャー | FlyTeam ニュース

機長のカメラが挟まり急降下!? A330ベースのイギリス空軍ボイジャー

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

イギリス空軍のボイジャー空中給油輸送機「ZZ333」が2014年2月14日、トルコ領空を巡航中に急降下するインシデントが発生し、その後12日間飛行停止になりました。イギリス軍航空局(MAA : UK Military Aviation Authority)の調査によると、機長の一眼レフカメラが、サイドスティックとアームレストの間に挟まって起きた可能性が高いとしています。Flightglobalが報じています。

インシデントは、イギリスのブライズノートン基地とアフガニスタンのキャンプ・バスチオンを直行する便で発生しました。トルコ上空3万3,000フィートを巡航していたボイジャーが、27秒間、4,440フィート降下しました。その間、最大で毎分1万5,000フィートの降下レートが記録されています。

副操縦士はコクピットを離れてギャレーにいましたが、急激な機首下げと無重力状態に襲われ天井に頭を打ち付けてしまいました。そのほか何名かの兵士も軽傷を負っています。副操縦士がコックピットに戻り、機長と自動操縦を解除してサイドステックをひき、スラストをアイドルに戻して機体は水平飛行に戻りました。それ以上のトラブルはなく、トルコのインシュルリク基地にダイバートしました。

MAAの調査では過去にA330で同様の問題は生じてなく、機長の座席の移動記録やカメラの使用状況などから、カメラが挟まったことが原因として、イギリス空軍とエアバスに注意を喚起しているもようです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加