ブエリング航空、A320新造機を導入 ジェットスター向けJA19JJ | FlyTeam ニュース

ブエリング航空、A320新造機を導入 ジェットスター向けJA19JJ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ブエリング航空に2014年3月10日、A320新造機がデリバリーされました。このA320は製造番号(MSN)5877で、当初はジェットスター・ジャパンの「JA19JJ」として製造されていた機体で、2013年11月に初飛行をしています。

ジェットスター・ジャパンが機材導入計画を変更したことから、この機材は受領しなかったため、エアバスが保管し、このほどスペインの格安航空会社(LCC)に引き渡しされたものです。

ジェットスター・ジャパンには2013年10月に「JA18JJ」が引き渡しされていますが、それ以降の機材はデリバリーされていません。関西国際空港を拠点空港とする計画が遅れていることが影響し、機材導入は予定通りに進んでいません。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加