フェデックス、関空の北太平洋地区ハブを稼働 | FlyTeam ニュース

フェデックス、関空の北太平洋地区ハブを稼働

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

フェデックスの国際総合航空貨物輸送を担当するフェデラル・エクスプレスは2014年4月1日から、関西国際空港でフェデックス北太平洋地区ハブを開設、稼働を開始しています。4月8日には安全祈願式が開催されました。

このハブは、毎時約9000個の貨物の仕分けが可能な設備を備え、アジアから集約した貨物をアメリカ向けに発送する拠点となります。これにより、アジアとアメリカ間、またアジアとヨーロッパ間のアクセスも拡大します。航空便では関空とアメリカを結ぶ直行便にインディアナポリス便が新たに加わったほか、ヨーロッパ行きは成田経由のパリ行きが定期便に加わっています。

総面積39,500平米の北太平洋地区ハブはオフィスと上屋が直結し、通関業務、ランプオペレーション、貨物の仕分けや積み替え業務を担います。また、複数の温度帯で貨物を管理できる冷凍・冷蔵庫、貨物ハンドリングエリアが設置され、貨物輸送ニーズの多様化が進むヘルスケア業界の貨物にも対応します。また、この施設は引き続き、西日本地域の国際貨物の取扱いの役割を継続し、24時間オペレーションで航空貨物輸送のニーズに応えます。

なお、施設屋上のおよそ25,800平米には、ソーラーパネルが設置され、関西国際空港が進める環境先進空港の取り組みに協力し、屋上スペースを有効活用たクリーンエネルギーの活用も行っています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加