チャイナエアライン、欧米、オセアニア行き2種類のビジネスクラス運賃登場 | FlyTeam ニュース

チャイナエアライン、欧米、オセアニア行き2種類のビジネスクラス運賃登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

チャイナエアラインは2015年3月31日までの期間、欧米、オセアニア行きのビジネスクラス利用で2種類の割引運賃を設定しています。

国内の成田、静岡、中部、富山、関西、広島、高松、福岡、宮崎、鹿児島、那覇発の11都市から利用が可能で、「CIビジネスフレックス」「CIビジネスアーリーバード45」です。対象都市は、アムステルダム、フランクフルト、ウィーン、シドニー、ブリスベン、オークランド、ロサンゼルス、サンフランシスコ、バンクーバーの9都市です。

「CIビジネスフレックス」の運賃は250,000円で、出発5日前まで購入可能です。「CIビジネスアーリーバード45」の運賃は190,000円で、出発45日前まで購入可能です。

なお、運賃額に加え、燃油サーチャージ、税金などが別途必要で、座席数も販売数が設定されています。

詳しい条件などはチャイナエアラインのホームページを参照ください。

期日: 2015/03/31まで
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加