MRJ初号機、主翼が飛島工場から小牧南工場へ輸送 | FlyTeam ニュース

MRJ初号機、主翼が飛島工場から小牧南工場へ輸送

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

三菱航空機が開発を進めているMRJ飛行試験機初号機の主翼が2014年4月8日、三菱重工業飛島工場から小牧南工場へ輸送されました。愛知県庁舎、名古屋市庁舎、名古屋城も当日はライトアップし、初号機の右主翼の輸送を祝いました。この主翼は長さ、約16メートル、幅は約4メートル、2,276キログラム。

トレーラーで飛鳥工場を1時に出発し、小牧南にはおよそ3時間をかけて輸送しました。引き続き左主翼、エンジンなどの搬入も行っていく予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加