防衛省、UH-X新規国内開発を断念か? | FlyTeam ニュース

防衛省、UH-X新規国内開発を断念か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

防衛省は陸上自衛隊の次期多用途ヘリコプター(UH-X)について、新規国内開発から民間機を転用する方針に転換した模様です。日本経済新聞が2014年4月29日付で報じています。

UH-Xは現用のUH-1Jの後継機となる機体で、国内で新規に開発する計画が進められていました。2011年末に開発メーカーが川崎重工に決定しましたが、選定過程に官製談合があったことが発覚し、2013年1月に計画が白紙に戻されていました。

防衛省では敵味方識別装置やレーダー等を取り付けて改造すれば、民間機でも対応できると判断し、選定を進め150機程度を配備するとのことです。

陸上自衛隊が求めている離陸重量5トン前後の双発ヘリコプターとなると、ベル412やエアバス・ヘリコプターズEC155、アグスタ・ウエストランドAW139、あたりが候補となるのでしょうか。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加