復活へ向けた機材発注 イースタン航空が737-800と737 MAXを購入へ | FlyTeam ニュース

復活へ向けた機材発注 イースタン航空が737-800と737 MAXを購入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

イースタン航空は2014年5月15日、737-800次世代機10機を発注し、737 MAX 8を10機の購入権を締結したと発表しました。かつてイースタン航空はアメリカの大手航空会社の一角を占めていましたが、1991年に倒産しています。今回の発注は、2012年に設立され、2014年1月に復活の申請手続きが採られています。

イースタン航空 737-800

以前のイースタン航空はボーイング727、757を保有していました。また、A300を発注、導入したことでも知られており、新しいイースタン航空は当初はA320を導入すると発表していましたが、今回の発注で737-800、737 MAXを主力機材とする様です。

アメリカでは「パンナム」の復活が企てられていましたが、先日それが果たされずに終わってしまいました。なお、イースタン航空はマイアミ国際空港を拠点に運航する計画で、2014年夏にも737-800を受領する予定としています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加