バニラエア、6月に150便程度を欠航へ | FlyTeam ニュース

バニラエア、6月に150便程度を欠航へ

成田国際空港を拠点にレジャー路線を展開する格安航空会社(LCC)、バニラエアは2014年6月に約150便を欠航する見込みです。乗員不足からによるもので、バニラエアがこの方針を固めたと、NHKなどが伝えています。

バニラエアの方針に先立ち、関西国際空港を拠点にするLCCのピーチも病欠などにより計画通りの運航を取りやめるなどの事態が発生しています。パイロット不足の懸念への迅速な対応策がないため、乗員の勤務を考慮した余裕を持った運航計画など、早急な対応も求められそうです。

この記事に関連するニュース
メニューを開く