ピラタス・センター・カナダ、飛行支援する映像装置の追加型式証明を取得

ピラタス・センター・カナダ、飛行支援する映像装置の追加型式証明を取得

ピラタス・センター・カナダは2014年8月18日、PC-12のエンハンスド・ビジョン・システム(EVS)について、カナダ運輸省から追加型式証明(STC)を取得したと発表しました。

ピラタス・センター・カナダは、スイスの航空機メーカー、ピラタスの航空機についてカナダでの販売、流通を手掛けている会社です。

PC-12のEVSはノースイースト・エンジニアリング・アンド・デベロップメントと共同で開発された映像装置で、Lexavia LFS6000 EVSセンサーを中心にシステムが構成されています。LFS6000は、320x240、もしくは640x480という極めて高い画質を持つ映像装置で、夜間や雲の中、悪天候など、視界の悪い中での飛行を支援することができ、安全性を高めることに貢献します。

なお、アメリカ連邦航空局(FAA)とヨーロッパ航空安全庁(EASA)からのSTC取得も、2014年の第4四半期から2015年の第1四半期にかけて取得できる見込みとのことです。

メニューを開く