成田空港、第1旅客ターミナル出国エリアにブースタイプのソファを設置 | FlyTeam ニュース

成田空港、第1旅客ターミナル出国エリアにブースタイプのソファを設置

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

成田空港は2014年10月1日(水)から、出国審査後の第1旅客ターミナルビル中央ビル3階にソファを増設しました。第1旅客ターミナルビルを利用する国際線の乗継ぎ旅客をはじめ、国際線に搭乗する旅客向けにくつろげる空間を提供するものです。

設置場所は第1旅客ターミナルビルの26番搭乗口前で、幅1.8メートルのプライバシーにも配慮したブースタイプのパーソナルタイプソファには、電源コンセントも設けられており、新たに10ブースが設置されました。また、幅が最大3メートルのラウンジソファを19台、増設されています。これにより、提供座席数は従来の2倍以上の151席、電源コンセントは3倍の15カ所30口となります。

なお、第2旅客ターミナルビルは、現在工事中のサテライト連絡通路内に、2015年4月ごろをめどに、ラウンジスペースを整備する予定です。

期日: 2014/10/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加