アトラス航空、エティハド航空向け3機目の747-400Fを運航へ | FlyTeam ニュース

アトラス航空、エティハド航空向け3機目の747-400Fを運航へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アトラス・エア・ワールドワイド・ホールディングスは2014年11月6日、エティハド航空向けに3機目となる747貨物機をACMIサービスで運航すると発表しました。使用する機材は、747-400貨物機で、すでにエティハド・カーゴの運航を行っているアトラス航空が担当します。

ACMI契約により、アトラス航空は運航機材、運航乗務員、整備、機材保険コストを請け負い、エティハド航空の貨物便を運航します。運航は11月中に開始する予定で、エティハド・カーゴの747-400は3機となります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加