リージョナル・エアラインのスカイウエスト、全機ジェット機に移行へ | FlyTeam ニュース

リージョナル・エアラインのスカイウエスト、全機ジェット機に移行へ

アメリカのリージョナル航空会社のスカイウエストは2014年11月17日、同社の長期的な機材計画を発表しました。効率性と黒字化を図る目的から、機材を全てジェット機に更新する計画です。

スカイウエストには傘下のスカイウエスト航空が、30席のEMB-120ターボプロップ機を更新する計画です。2015年6月から順次退役を開始する予定で、運航コスト、運航規定が厳しくなり、業務が多様化への対応をはかります。

また、エクスプレスジェット・エアラインズはユナイテッド航空向けに50席のERJ-145を運航していますが、この機材数は減らします。引き続きユナイテッド・エクスプレス向けの運航を行いますが、運航品質の向上や財務体質の強化を進めます。

メニューを開く