大韓航空スカイパス、2015年から航空4社のマイレージ加算レートを変更

大韓航空スカイパス、2015年から航空4社のマイレージ加算レートを変更

大韓航空のマイレージプログラム「スカイパス」では2015年1月1日搭乗分から、デルタ航空、アラスカ航空、チャイナエアライン、中国南方航空、中国東方航空におけるマイレージ加算レートを変更します。

デルタ航空ではファーストクラスの150%、ビジネスクラスの125%がそれぞれ100%に変更となるほか、エコノミークラスも予約クラス「Y、B」のみが100%加算に変更となり、「M、S、H」は75%、「Q、K」は50%となります。

チャイナエアラインでは、ビジネスクラスの予約クラス「Z」が加算対象外となる代わりに「D」が115%に、またエコノミークラスでは、「W、U」が115%、「E、Y、B、M」が100%、「T」が80%などに変更となっています。

その他、航空会社別の加算率など、詳しくは大韓航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2015/01/01から
メニューを開く