JAXA、航空機用電動推進システムで飛行試験を実施中 | FlyTeam ニュース

JAXA、航空機用電動推進システムで飛行試験を実施中

宇宙航空研究開発機構(JAXA)航空本部は2014年12月22日、航空機用電動推進システムの飛行試験を開始したと発表しました。

国土交通省航空局が発行する「試験飛行等許可書」を取得し、飛行試験用の機体では電動推進システムを搭載して、地上試験を済ませ、2014年11月28日に大利根飛行場で初飛行を実施しました。

12月10日に、飛行中に電動モーターを発電機として利用し、電力を回生する試験、飛行中にモーターを模擬故障状態としてその推力の完全喪失を回避する機能確認試験など、JAXA独自技術の飛行実証試験にも成功したと報告しています。

JAXAはダイヤモンド・エアクラフトHK36TTCの「JA07EC」を使用し、電動航空機の試験を実施しています。

メニューを開く