横浜ゴム、ボーイングと飲料水用ウォータータンクの供給契約を更新 | FlyTeam ニュース

横浜ゴム、ボーイングと飲料水用ウォータータンクの供給契約を更新

ニュース画像 1枚目:横浜ゴムが供給する飲料水用ウォータータンク
横浜ゴムが供給する飲料水用ウォータータンク

横浜ゴムは、2014年12月15日(月)、ボーイングに納入している飲料水用ウォータータンクの供給を継続する契約更新を行いました。

横浜ゴムはこれまで、ボーイングの737、747、767、777に飲料水用ウォータータンクを納入していまが、今回の契約更新で新たに737MAXでも使用される見通しです。

横浜ゴムは1980年にボーイングの民間機のサプライヤーとなり、現在では飲料水用ウォータータンクのほか、737のラバトリーモジュール、747-8の機内用階段も供給しています。横浜ゴムでは、今回の供給契約の更新により、今後も長期にわたる同製品の安定的な受注が期待されるとしています。

期日: 2014/12/15から
メニューを開く