ルフトハンザからジャーマンウィングスへの路線移管が完了 | FlyTeam ニュース

ルフトハンザからジャーマンウィングスへの路線移管が完了

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:ジャーマンウィングス A319

ジャーマンウィングス A319

  • ニュース画像 2枚目:駐機するジャーマンウィングス
  • ニュース画像 3枚目:フランクフルト空港に駐機するルフトハンザ機

ルフトハンザ・グループは2015年1月8日、ルフトハンザドイツ航空からジャーマンウィングスへ115路線の移管が完了したと発表しました。最後に移管されたのはデュッセルドルフ/チューリッヒ線でした。

ジャーマンウィングスは、2012年12月にサービスは保ちつつ低価格で運航する航空会社としてブランド・コンセプトを発表しました。これを受け、2013年7月からルフトハンザのフランクフルト、ミュンヘン発着路線以外の路線をのドイツ国内線、ヨーロッパ域内線をジャーマンウィングスへ運航を移管していました。このうち、デュツセルドルフ発着は52路線と最大の規模を誇っています。

これにより、ルフトハンザ、ジャーマンウィングスと各ブランドを確立しつつ、グループ全体の効率性、経営体制の強化を図ります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加