イスラエル空軍、アエルマッキM-346で初訓練飛行 | FlyTeam ニュース

イスラエル空軍、アエルマッキM-346で初訓練飛行

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:イスラエル空軍の新型練習機、アエルマッキM-346。

イスラエル空軍の新型練習機、アエルマッキM-346。

イスラエル空軍は、新型練習機アエルマッキM-346「ラビ」を使用して、初めてフライトスクールの士官候補生が飛行したと、2015年1月20日に発表しました。

M-346は、40年間も使用されたA-4スカイホークに代わる練習機で、F-15やF-16と同じような機能を持ち、士官候補生が実戦部隊に配属される準備をします。

A-4スカイホークは2日で済みましたが、士官候補生は2週間かけてM-346のあらゆるシステムについて学習し、数週間フライト・シミュレーターで訓練を受けました。

飛行した士官候補生のNivは「シミュレーターと実機は違った。我々は本物の戦闘機で飛ぶこと、システムをコントロールすることを肉体的に感じた。新しいM-346の最初のクラスにいることは特別な感じだ」と話しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加