ノースロップ・グラマン、台湾空軍F-16用レーダーの生産開始 | FlyTeam ニュース

ノースロップ・グラマン、台湾空軍F-16用レーダーの生産開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:台湾空軍のF-16B

台湾空軍のF-16B

ノースロップ・グラマンは、2015年2月2日、台湾空軍のF-16アップグレード計画用のAPG-83スケーラブルアジャイルビームレーダ(SABR)の生産を開始すると発表しました。

ノースロップ・グラマンは、2016年からロッキード・マーティンに台湾空軍用のAPG-83 142基の納入を開始します。SABRは多機能なアクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダーで、F-16に第5世代戦闘機と同等の空対空・空対地戦闘能力をもたらします。

ノースロップ・グラマンのAESAレーダーは、F-16 Block 60やF-22ラプター、F-35ライトニングIIに採用されています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加