不時着した陸上自衛隊のOH-1、海中から引き上げ八尾駐屯地へ移送 | FlyTeam ニュース

不時着した陸上自衛隊のOH-1、海中から引き上げ八尾駐屯地へ移送

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

陸上自衛隊のOH-1ヘリコプターが2015年2月17日、和歌山県白浜町の海上に不時着した件で、2月21日に引き上げし、所属する八尾駐屯地への移送を開始しました。日本テレビなど各メディアがサルベージ船を使い、海中から引き上げる様子を伝えています。

不時着したOH-1は南紀白浜空港で離着陸の訓練を行っている最中で、搭乗していた乗員2名は当時、海岸まで泳ぎ着き、無事でした。陸上自衛隊の航空事故調査委員会がこの事故について原因を調査しており、現在はOH-1の37機について運用停止しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加