ユナイテッド・エクスプレス、プレミアムクラスで新しい機内食サービス | FlyTeam ニュース

ユナイテッド・エクスプレス、プレミアムクラスで新しい機内食サービス

ニュース画像 1枚目:バーベキューチキン たっぷりのプレッツェルロールで
バーベキューチキン たっぷりのプレッツェルロールで

ユナイテッド航空は2015年3月から、ユナイテッド・エクスプレスが運航するリージョナル路線のファースト、ビジネスクラスで、新しい機内食サービスを提供します。

対象路線は北アメリカ路線の2時間20分以上のフライトで、機材により導入時期が異なり、ERJ-170、ERJ-175では3月1日から、CRJ-700、DHC-8-400では4月から新メニューが提供されます。

新しい朝食は、新鮮なフルーツ、シリアル、クリーミーなギリシャヨーグルト、パンが提供されます。ランチとディナーでは、ピリっとしたバーベキューチキンたっぷりのプレッツェルロールと3色のキヌアサラダと組み合わせたコールスロー、もしくは、生姜とガーリックで漬けた牛肉に野菜のピクルスとクリスプ枝豆のアジア風ゴマドレッシング添えと新鮮なフルーツから、選択することができます。

なお、1時間以内のフライトでは、早朝便でビスコッティ、それ以降の便でフルーツやミックスナッツが提供されるほか、1時間から2時間20分以内のフライトでは、プレミアムスナックとフルーツなどの軽食が提供されます。

また、ユナイテッド・エクスプレス便では、リージョナルジェットにGogoのATG-4のWi-Fiシステムの導入を進めているほか、2015年から個人電子機器でのエンターテイメントサービスの提供も開始するとしています。詳しくは、ユナイテッド航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2015/03/01から
メニューを開く