インド、US-2購入の方針を固める

インド、US-2購入の方針を固める

ニュース画像 1枚目:海上自衛隊のUS-2救難飛行艇
海上自衛隊のUS-2救難飛行艇

読売新聞が2015年2月27日付けで、インド国防省が新明和US-2飛行艇を購入する方針を固めたと報じています。

インドでは中国海軍のインド洋進出に対抗するため、空母の整備など海軍の拡充に努めていますが、US-2も活動範囲が広がった海域での捜索救難に使用されると見られます。

日本とインドの政府間では、2013年からUS-2の輸出に関する協議を重ね、国内でも2014年4月に防衛装備移転3原則を閣議決定するなどしてUS-2の輸出を後押しています。

ただし、インド政府はハードネゴシエーターとして知られており、機種が決定したとしても価格や技術移転など少しでも有利な条件を得るまで契約しませんから、交渉はこれからが正念場かもしれません。

メニューを開く