タイ国際航空、新千歳/バンコク線に787を投入へ 日本4路線目の787 | FlyTeam ニュース

タイ国際航空、新千歳/バンコク線に787を投入へ 日本4路線目の787

ニュース画像 1枚目:タイ国際航空 787 初号機「HS-TQA」
タイ国際航空 787 初号機「HS-TQA」

タイ国際航空は2015年夏スケジュールから、新千歳/バンコク線の機材を777-300から787-8に変更すると発表しました。現在の777-300はビジネス34席、エコノミー330席の計364席ですが、787ではビジネス24席、エコノミー240席の計264席で運航します。

タイ国際航空の787は現在、4機体制で、ハノイ、ホーチミン、クアラルンプール、パース線と成田、名古屋(セントレア)、福岡線の7路線で投入されており、新千歳線で8路線目となります。同社は4月にも5機目をリースで導入する見込みです。

なお、日本路線での787投入は、夏スケジュールも引き続き継続し、一部期間の運休を除き成田線のTG643、TG642便、名古屋線のTG647、TG646便、福岡線のTG649、TG648便に投入されます。

詳しいスケジュールはタイ国際航空のウェブサイト、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

メニューを開く