カナダ空軍、5機目のCC-177を受領 購入発表から3カ月!! | FlyTeam ニュース

カナダ空軍、5機目のCC-177を受領 購入発表から3カ月!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:カナダ空軍5機目のCC-177を出迎えるカナダのケニー国防相(背広の人物)

カナダ空軍5機目のCC-177を出迎えるカナダのケニー国防相(背広の人物)

カナダ空軍5機目のCC-177グローブマスターIIIが、2015年3月30日、オンタリオ州の第8航空団トレントン基地に到着しました。購入を発表したのが2014年12月19日で、わずか3カ月でのスピード納入です。

カナダのジャイソン・ケニー国防相と、カナダ空軍司令官のイバン・ブロンディン中将がCC-177「705」の到着を出迎えました。CC-177「705」はトレントン基地の第429空輸飛行隊に配備され、既存の4機とあわせて運用されます。

カナダ空軍は4機のCC-177を運用して、クウェート派遣部隊を支援したり、緊迫するウクライナへ援助物資を空輸したり、リトアニア派遣のCF-18飛行隊を支援しています。また、カナダ国内でも、北極圏に住む人たちや基地への物資輸送も重要な任務となっています。

フリートが5機に増えることで、全体の寿命が7年間延長され、国内外の緊急事態に90%以上確率で最低3機のCC-177を投入可能になり、現在より約25%空輸能力が増加すると説明しています。取得費用は、12年間のサポート3,000万ドルを含めて4億1,500万ドルと見積もられています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加